永代管理墓地使用規則|東京都青梅市の墓苑・墓地 大多摩霊園
大多摩霊園全景など

永代管理墓地使用規則

第1条
申込資格
本人又は夫婦で死後祭祀する承継者のない者。
第2条
納骨条件
本人又は夫婦の2体までを原則とし、契約時に登録された者に限る。
第3条
永代管理期間
契約締結時から50年間とし、期間終了時には将来建立予定の合同慰霊塔に合祀され、使用墓地は霊園に返還、また墓石の所有権は霊園に帰属する。
第4条
永代管理料
別途定めた金額とする。
第5条
契約解除
所定の納骨終了以前の解約については、契約の年から50年を計算の基礎として未経過分の管理料を利息を付けず年単位にて返還する。
第6条
墓石の工事
申込と同時に霊園指定石材店業者と契約し、霊園で定めた統一規格型のみとする。
第7条
その他
その他の規則は大多摩霊園使用規則を適用する。
  *
永代供養希望者には、宗教法人紫雲院が納骨の時から50年間、春秋の彼岸及びお盆の年3回仏式にて墓前供養をとりおこないます。永代供養料は1体につき別途定めた金額とし、供養料は事由の如何を問わず返還致しません。
Copyright© 2013-2018 大多摩霊園(おおたまれいえん)株式会社