大多摩霊園全景など

永代供養墓「おおたまの丘」使用規則

(目的)
第1条
この規則は永代供養墓「おおたまの丘」(以下供養墓という)の使用および管理に関する規則を定め、その運営の適正化を図ることを目的とします。供養墓の使用者はこの規則にしたがっていただきます。
(管理)
第2条
供養墓は大多摩霊園管理事務所(以下管理者という)が永代にわたり維持管理をおこないます。
(使用資格)
第3条
本供養墓は原則として大多摩霊園(以下当霊園という)使用権利者で、承継者のいない方が使用できます。管理者が特に認めた場合、その他の方も使用できます。また、国籍、宗旨、宗派を問わずに使用できます。
(使用目的)
第4条
供養墓は納骨の用に供する目的以外には使用できません。
(使用方式)
第5条
供養墓には二通りの方式があります。
  1. 1、期間を定めて遺骨を納骨室(石製)に収め、期間経過後は合祀施設に合祀する方式。
  2. 2、合祀施設に直接合祀する方式。
(申込手続)
第6条
  1. 1、供養墓を申込みする方(以下申込者という)は永代供養墓申込書に所定の必要事項を記載の上、添付書類を添えてお申込みください。
  2. 2、申込みをする場合、申込書に使用予定者(以下使用者という)の届け出をしていただきます。
  3. 3、申込時に生前の使用者がいる場合は、埋葬手続代行者(使用者が亡くなられた時に納骨までの手続きを代行していただく方。以下代行者という)の登録をしていただき、申込者同様に添付書類の提出をしていただきます。
  4. 4、当霊園使用権利者は使用中の墓所を返還する場合、大多摩霊園使用規則に定める返還手続きを行っていただきます。また、建墓工事済の方は、墓石の撤去工事をお客様負担にて行っていただきます。
  5. 5、前項で使用者が存命の間、引き続き墓地の使用を希望される場合は、従前と同様に管理料を納入してご使用いただけます。また、供養墓の申込時に返還手続きおよび墓石の撤去費用の納入をしていただき、最後のご使用者が供養墓に埋葬後、当該墓石の撤去作業は管理者が行うことに同意していただきます。
(使用権利証の交付)
第7条
管理者は前条の申し込み手続きが完了し、所定の永代供養墓使用料(以下使用料という)等を完納されたとき、永代供養墓使用権利証(以下権利証という)を発行いたします。
権利証記載の使用者の変更は原則としてできません。
(使用料の内容)
第8条
使用料には供養墓使用料、維持管理料、永代供養料(合同供養、毎月の献花)が含まれています。
(供養墓の使用場所)
第9条
第5条1項の納骨室は原則、管理者が指定した場所とします。
(埋葬および改葬)
第10条
供養墓に埋葬または改葬する際は、申込者または代行者が管理者に供養墓の権利証と所轄官庁の埋(改)葬許可書および別に定める書類を添えて、所定の手続きを行ってください。
(永代供養の内容)
第11条
  1. 1、供養墓の埋葬方法は、使用者の契約年数の期間中は骨壷に遺骨を入れた状態にて納骨室で安置し、期間経過後は合祀施設に合祀したうえ、永代にわたり管理者が合同供養を行います。(骨壷の大きさは8寸壷までとさせていただきます。)
    合祀後の納骨室の使用権は管理者に帰属します。
  2. 2、使用期間は、最後の使用者の納骨時から起算します。ただし、第10条による最終使用者の届け出が1年を超えた場合、最終使用者の死亡日から1年後が納骨起算日となります。
  3. 3、合祀施設に直接合祀する場合も、永代にわたり管理者が合同供養を行います。
(供養の方法)
第12条
本霊園には次の霊域を設けます。
  1. 1、前条の合同供養は、春・秋のお彼岸およびお盆(七月)の年間3回、管理者が定めた日時、方法により行います。
  2. 2、前項以外に回忌法要等をご希望される場合は、希望日の14日前までに管理者に申し出てください。
    この場合、別途費用がかかります。
  3. 3、第1項の合同供養のほかに、管理者は毎月1回献花を行います。
  4. 4、使用者を供養墓に納骨する際は室内に入室できますが、その後の参拝は供養墓正面の焼香台と献花台の前で行っていただきます。
  5. 5、供養墓の墓誌に納骨者の俗名、没年月日、享年等を刻字する場合は別途料金がかかります。
(変更手続)
第13条
  1. 1、供養墓の申込書に記載された申込者および代行者の事項に変更が生じた場合は、速やかに管理者に届け出てください。
    権利証の再発行には別途手数料が必要になります。
  2. 2、前項の手続きが行われなかった場合、埋葬の手続きを行うことができない場合がありますのでご注意ください。
(譲渡・転貸の禁止)
第14条
供養墓の使用権はいかなる理由があっても第三者に譲渡、転貸はできません。
(供養墓の解除と解約)
第15条
  1. 1、使用者がこの使用規則の条項に違反した場合、管理者は使用権を取り消すことが出来ます。
  2. 2、使用者が供養墓を解約し返還する場合は、管理者に別に定める届出書を提出してください。
  3. 3、前2項の場合、いずれも既納の使用料等は一切返還いたしません。なお、納骨室に遺骨がある場合は速やかに改葬手続をしていただきます。
  4. 4、合祀された遺骨はいかなる場合も返還しません。
(不可抗力による事故の責任)
第16条
天変地異等の不可抗力による損害については、一切本霊園は責任を負いません。
(規則の改正等)
第17条
  1. 1、墓地埋(改)葬等に関する法律など法規が改正された場合、または管理者が必要と認めた場合には本規則を改正します。
  2. 2、前各条に定めない事項については、法律の定めるところによるほか、その都度管理者が決定します。
 
 
(1)平成23年3月8日 施行
(2)平成26年1月4日 一部改正
(3)平成27年9月1日 一部改正
Copyright© 2013-2018 大多摩霊園(おおたまれいえん)株式会社